RTX1210はなぜ高い?人気の理由と安く買える方法も解説!

RTX1210

RTX1210の値段が高い理由は以下の3つ!

  • 品質が高く、壊れにくいから
  • 安定した人気シリーズであり、機能性が向上しているから
  • コロナ禍のリモートワークによって需要が増えたから

RTX1210はヤマハ株式会社がつくっているネットワーク機器のブランドです。

RTX1210はヤマハの人気機種であり、高い信頼性と安定性があることから人気のVPNルーターなのですが、値段が高いにも関わらず人気なこともあり、「なぜ高いの?」「なぜ人気?」などと疑問に思う方もいるでしょう。

迷い猫

RTX1210は、なんで値段が高いの?

猫先生

値段が高いのには理由があるよ!

ヤマハ(YAMAHA)
¥74,000 (2024/05/22 16:05時点 | Amazon調べ)
目次

RTX1210はなぜ高い?

出典:週刊アスキー

RTX1210の値段は、なぜ高いのでしょうか?どのような理由でRTX1210が高いのか、その理由について調べてみました。

高い理由①品質が高く、壊れにくいから

RTX1210は、なぜ高いのか?理由の1つ目は「品質が高く、壊れにくいから」です。

ヤマハのネットワーク機器での品質保証は、開発したハードウェアの試験、市場からのフィードバックへの対応、そしてこれらを維持するためのQMS(Quality Management System)の管理という大きく3つがあります。新製品の立ち上げ時は、開発部隊と連携し、信頼性や妥当性の試験、初期ロットの検査など、品質管理を徹底的に行なっています。

なかでもハードウェアの試験では、ユーザーの元で安心・安全に使えるか試作品を調べるというもので、内容的には「基本、温めたり、冷やしたり、揺さぶったり、落としたり」がメインで、他の機器からの電波やカミナリ、静電気などの影響、過電流や電圧などの電源についても検証を行うそうです。

また、振動や落下試験を行なっており、輸送中を想定した梱包状態での振動・落下試験のほか、車載を想定しているわけではないが電源が入っている状態で微振動させるような試験もあります。

 項目的には20~30程度。その中でもさらに細かい条件が⽤意され、スペック外の低温で起動させるテストは、寒い地域で動かなかったといったユーザーの声から生まれたものだそうです。また、レストランの厨房や工場の劣悪な環境で使われることもあり、カタログスペックからややマージンをとった状態でさまざまな試験を行なっているそうです。

YAMAHAネットワーク機器はこうした検証を重ね、もしもの場合に起こる障害対策をおこないながら非常に丈夫に設計されているため、一度設置してしまえば、10年は現役でいることも決して珍しくないそうです。

高い理由②安定した人気シリーズであり、機能性が向上しているから

RTX1210は、なぜ高いのか?理由の2つ目は「安定した人気シリーズであり、機能性が向上しているから」です。

ヤマハの製品には、既存ベストセラーモデルRTX1200があり、約6年間の好評を経てバージョンアップしたのがRTX1210です。RTX1210はRTX1200の後継製品で、性能やGUIの改善などが行われており、こちらの機種は光回線だけでなく、ISDN回線にも対応するポートを搭載していることが特徴です。

あまり変わらない見た目に比して、内部的なハードウェアの進化は著しく、CPUやメモリ(ROM/RAM)はRTX1200に比べて倍増されています。これに伴いルーティングやVPNの性能も向上しています。

 すでにヤマハからアナウンスされているとおり、形状や重量、価格こそ同等である一方で、性能や機能はまったく異なる新製品となりました。同社はこれを、「継承と挑戦」というキャッチフレーズで示しており、古くから活用している既存ユーザーにも、初めてRTXシリーズに触れる新規ユーザーにも、最高の体験を提供するために随所に工夫がなされているそうです。

高い理由③セキュリティにも優れているから

RTX1210は、なぜ高いのか?理由の3つ目は「セキュリティに優れているから」です。

ヤマハのルーターには、ファームウェアの自動更新やセキュリティアップデート機能が備わっており、最新の脆弱性やセキュリティ上の問題に対処できるようになっています。また、多層防御技術を採用し、不正アクセスやDoS攻撃などの脅威からネットワークを保護することができます。

さらに、ファイアウォール、VPN接続、IPアドレスフィルタリング、ポートフォワーディング、QoS制御、WPA2-PSK暗号化などの機能があります。これらの機能を適切に設定することで、ネットワークをより安全に利用することができます。

このように、RTX1210はこのセキュリティ面に関しても頑丈であり、LANを管理する上で必要なルータ機能を安定して提供することができます。ヤマハは機器の値段は、「ハードウェアの価格ではなくサービスの価格である」というように、品質が高く、高い機能性を備えている商品なだけにこの価格となるようです。

RTX1210とは?商品についておさらい

RTX1210を販売しているヤマハ株式会社は、1887年に静岡県浜松市に創業された製造会社です。楽器、音響機、電子部品、自動車用内装部品、FA機器、ゴルフ用品、ネットワーク機器等を販売しています。

RTX1210はVPNルーターのなかでも、割高なVPNルーターと言われています。ヤマハ製品のクオリティの高さと人気シリーズであることから評判で、多くの層から支持されています。

■RTX1210の商品情報

ブランド名RTX1210
生産地静岡県浜松市
購入方法RTX1210の公式サイト
・ネット通販(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング…など)
・フリマアプリ(メルカリなど)
価格相場YAMAHA RTX1210
29,912

出典:<RTX1210の値段と価格推移は?>
※価格相場はリサーチした時点であり、日々変動します

■<商品名>を販売している会社情報

販売元ヤマハ株式会社
事業内容楽器、音響機、電子部品、ネットワーク機器等の販売
住所静岡県浜松市中央区中沢町10番1号
ホームページヤマハ株式会社
ヤマハ(YAMAHA)
¥74,000 (2024/05/25 16:46時点 | Amazon調べ)

RTX1210はなぜ人気?

RTX1210は、なぜ人気なのでしょうか?その背景について調べてみました。

RTX1210が人気の理由は次の3つ!

  • 運用・管理がしやすいから
  • 高い信頼性があるから
  • コロナ禍のリモートワークによって需要が増えたから
迷い猫

RTX1210は、なんで高いのに人気なの?

猫先生

それには理由があるよ!

人気な理由①運用・管理がしやすいから

RTX1210は、なぜ人気なのか?理由の1つ目は「運用・管理がしやすいから」です。

RTX1200の機能は申し分なく、設定管理に必要なGUIのページがそろっていましたが、ベースにあったのは従来のCUIと同じ感覚のままであり、どのように使えばよいのかがユーザーに伝わっていませんでした。

これまでヤマハルータを扱ったことのない技術者でもスムーズに管理できるように、独特の言い回しや用語を極力排除することで、運用の向上が図られました。

ルータの設定や管理も、ネットワークの構成把握も、そのネットワークの動作状況把握も、すべてルータの管理者向け画面だけで操作性が統一されることによって、ユーザーの管理負荷も軽減されるよう工夫がされているようです。

人気な理由②高い信頼性があるから

RTX1210は、なぜ人気なのか?理由の2つ目は「高い信頼性があるから」です。

ヤマハの開発者が一番大事にしているのは、ユーザーの声だといいます。週刊アスキーのインタビューでは、「品質保証に長らく携わってきた立場としては、なにしろお客様の声が聞こえないのが一番怖い。規模を追求した数値化や仕組み化が進む中でも、そういったところが忘れないようにしたい」と語られています。

メーリングリストやSNS、あるいはカスタマーセンターなどからの問い合わせを吸い上げ、ユーザーの声を聞き出す努力を惜しまなかった結果、IDC Japanの 国内SOHOルーター市場カテゴリー において、2004年以降 19年連続でシェア1位を獲得しました。また、「日経コンピュータ パートナー満足度調査 2024」ネットワーク機器部門においても2年連続で第1位を獲得しています。
すべての項目で高い評価を得ており、「製品」「価格競争力」「納期対応」では特に高い評価を得ています。

そうした高い信頼性が定着したことで、ヤマハ ネットワーク製品は個人・法人のインターネット接続や中堅・中小企業の社内ネットワーク構築を中心に、オフィス、工場、リテール、医療、介護、学校、自治体など幅広い分野で信頼され、ヤマハの製品を採用されているのです。

人気な理由③コロナ禍のリモートワークによって需要が増えたから

RTX1210は、なぜ人気なのか?理由の3つ目は「コロナ禍のリモートワークによって需要が増えたから」です。

残念ながら、RTX1210はすでに生産終了しています。そのため、定価(正規)で購入することができません。

その理由としては、近年のコロナ禍によるテレワーク用途を中心に、リモートアクセスVPNの需要が一気に増加したことで、中小規模の企業ネットワークにおいても、収容するセンタールーターのVPN対地数の増強が求められました。ヤマハの製品には高い品質と信頼性の定評があるため、需要は増加する一方、メーカー側の供給が追い付かないといった背景があるようです。

定価(正規)で購入することができませんが、未だ需要は衰えず、高値で取引されているのです。

RTX1210を定価で買う方法

RTX1210は残念ながらすでに生産を終了しているため、定価(正規)で購入することができません。

RTX1210を定価で買うのは難しい?他にどこで買える?

RTX1210は上記の通り、生産終了しているため、定価(正規)で購入することができません。しかし、ネット通販やメリカリで購入するという手段があります。

ネット通販で買えば、セールやポイント還元があるため、結果的に安く買うことができるためおすすめです。また、メルカリでは未使用品を安く購入できたりします

楽天市場

楽天市場で買う場合は、以下のタイミングで買うと、セールやポイント還元があるため、結果的に安く買うことができます!

楽天のお得なセール・ポイント還元情報

  • 定期的に開催『楽天スーパーセール』『お買い物マラソン』:最大10%還元
  • 毎月1日に開催『ワンダフルデー』:3%還元
  • 楽天カード保有者『5と0のつく日』:5%還元 など

最新の詳しい情報は、楽天市場の公式サイトよりご確認ください。

Amazon

Amazonで買う場合は、Amazonプライム会員であれば、送料無料・翌日配送で届く可能性があるので、早めに購入したい方は、Amazonでの購入も検討してみてください!

メルカリ

RTX1210はメルカリなどのフリマアプリでも購入できます。未使用のものが出品されていたりするので、お得に購入できるかもしれません。

ただし、一般消費者から購入することになるため、安心して購入したい場合は公式サイトかネット通販での購入をおすすめします。

中古PCのアールキューブ
¥19,800 (2024/05/22 16:05時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次